買取の際に装飾品部分でチェックされる部分

愛車を買取りに出そうとするときには、車の買取会社などにまずは査定をしてもらって、どのくらいの価格で買い取ってもらうかを判断してもらう必要があります。この時に注意したいのは、愛車をより格好よく、自分好みの素晴らしい車にしようと思って装着した数々の装飾品です。一般的に行って、自動車の査定を行う中古車査定士さんは、純正品以外のカスタムパーツやオプション品などを装備していると、査定額を下げる傾向にあります。
何故ならば、その様にして車の装飾を純正のものに変更しているのは、元のオーナーの好みに合わせる為であって、その好みが一般的なものとは限らないからです。つまり、色々なオプション品を装備している中古車をそのまま買い取って、中古車販売店で販売しても、他の人から見れば、カスタムパーツやオプション品が余計なものに思えて、なかなか売れないものとなってしまうのです。
そうなると、売れるように、中古車販売店で純正パーツに戻さなければならず、その分だけ販売店が出費をすることになりますので、査定額が下がってしまうのです。
特に、カーオーディオやカーナビ、液晶モニターと言った製品は、毎年のように新製品が出るので、高級品であってもすぐに時代遅れとなりますので、査定額は低くなります。また、マフラーやホイール、それにエアロパーツ等については、個人の好き嫌いがはっきりしているために、純正品でなければかなり査定額が下がります。

コメントは受け付けていません。