名義変更について

車は所有者が変われば名義を実所有者に変更する必要がありますが、変更には旧所有者から譲渡証明書や印鑑登録証明書、委任状を取得し手続きを行う必要があります。車買取店を利用する際にも使用者と名義人が異なる場合にはそのままでは売却できないため、名義を現所有者に変更する必要があります。名義変更は必要な書類さえ準備すれば特に問題なく手続きが可能ですから、はじめての場合には買取業者から指示された書類を準備することで対応可能だと言えます。厳密に言えば車の所有者が変わった場合には、15日以内に新所有者に名義を変更する必要がありますが、家族や親戚関係にある場合にはそのままにしておくこともあります。車買取で売却する際には家族や親戚とはいっても名義が異なれば所定の手続きを踏む必要があるため、必要な書類は必ず準備することになるのです。場合によっては住民票や戸籍謄本が必要になるケースもありますので、査定を受けた時に買取業者から確認しておくことが大切です。特に車検証の名義人が遠方に居住している場合には、委任状を取得するにも時間がかかってしまいます。委任状や譲渡証明証がなければ売却することができませんので、事前に必要書類を確認し準備しておくことが大切なのです。

コメントは受け付けていません。