所有者が死亡した場合の車買取

所有者の実印の委任状がなければ名義変更や廃車の出来ないものなのですが、既に死亡している場合はどうなのでしょうか。もちろん名義変更できなければ買い取りは出来ませんが、死亡の場合でも名義変更の方法はあります。それは相続人が相続することです。自動車は財産とみなされますので、相続することで名義人を変えることが出来ます。具体的には死亡したことをしめす戸籍謄本の除籍謄本とそこから分かる相続人全員の実印の委任状とその実印の印鑑証明が必要です。更に相続人全員の実印の遺産分割協議書を作って添付します。これで廃車するなり、名義変更するなりできるようになります。かなり面倒ですがこれ以外に方法はありません。軽自動車や自動二輪車の場合には名義変更に印鑑証明の委任状は必要なく、認印で出来ますが基本的には同じように行います。この様な書類の用紙は業者が用意してくれると思いますので、それに印鑑と印鑑証明を集めてくれば、普通と同じように名義変更ができるようになりますので、同じように買取できます。特に費用も生じないと思います。面倒ですがそれは売主のほうですので、買取業者は同じように、同じ金額で買ってくれれます。問題ありません。

コメントは受け付けていません。